The 淀川 2018年5月号 「合理的配慮とは」

2018-05-13

Warning: Illegal string offset 'keywords_time' in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/2/sd0190002/cp-research.jp/wordpress-2.8.2-ja-undernavicontrol/wp-content/plugins/internal_link_building.php_/internal_link_building.php on line 103

 

「ザ・淀川」は「淀川区の今と昔と未来を結ぶコミュニティ新聞」として創刊37年のタウン誌です。毎月90,000部を発行し、大阪市淀川区民に全戸配布されてきました。2017年の5月から隔月で連載記事を載せてきましたので、ここに紹介します。

 

 

連載7回目の2018年5月号の16ページでは、「合理的」配慮とは本来は、障害者に対する恩恵や特別扱いなどではなく、それ自体が社会的挑戦であり、産業技術や企業活動や障害当事者や周囲の人の全てにとって「合理的」であるという確信が社会に浸透していることが前提です。

いつまでも「特別・特殊」「おなさけ福祉」の延長線から抜けられない日本では、どう足掻いても障害者は迷惑者でしかなく、だからこそちょっと何かがあると「あってはならない」と考えられてしまうのです。

 

 

Copyright© 2010 脳性まひ者の生活と健康を考える会-代表古井正代のホーム-ページ All Rights Reserved.