正代さん、6月25日、関西電力株主総会で発言

2015-07-07

Warning: Illegal string offset 'keywords_time' in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/2/sd0190002/cp-research.jp/wordpress-2.8.2-ja-undernavicontrol/wp-content/plugins/internal_link_building.php_/internal_link_building.php on line 103

発言する 古井正代さん
(6月25日 関西電力株主総会にて)原発事故が起こったら、障がい者 は逃げられない!
福島の事故の時も、取り残され、餓死した障がい者たちがいるのです。

福島では、稽留流産という診断名のもとに、胎児が闇から闇へと葬り去られていると聞きます。
母親を命の選別に駆り立て
原発事故が優生思想を惹き起こしているのです。
事故は必ずあります。
障がい者は死んでもいいというような原発はいりません
もっと優しいエネルギーを、社会を!!

以下は、その場に居合わせた方の感想です。
涙が出ました。壇上の人(八木社長以下、関電役員)も顔を歪ませてました。少しは人の心を動かせたと思います。でも、すぐまた、彼らは、ロボットにもどりました。
投稿 松尾

Copyright© 2010 脳性まひ者の生活と健康を考える会-代表古井正代のホーム-ページ All Rights Reserved.