真宗大谷派2014年宗議会を傍聴して

2014-06-27

Warning: Illegal string offset 'keywords_time' in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/2/sd0190002/cp-research.jp/wordpress-2.8.2-ja-undernavicontrol/wp-content/plugins/internal_link_building.php_/internal_link_building.php on line 103

人と人とのつながり

2014年5月29日の真宗大谷派宗議会を傍聴し、冒頭の里雄康意 宗務総長さんのスピーチで「人と人とのつながりの大切さ」が強調されているのを聞いて心から共鳴しました。というのも、私たち障害者は社会における「人と人とのつながり」なしには生きられない、まさに「つながり」の具現者なのですから。朝おきてから夜寝てからも、常に誰かの介助なしには生命の維持さえあやうい存在、他人の関与を前提に自分の行動を企図するしかないのが、わたしたち障害者なのです。一人の人を例にとってお話します。去年の暮れになくなった澤田隆司さんという方は、幼い時にかかった日本脳炎の後遺症で、喋っても「唸り声」にしか聞こえず誰にも全く解ってもらえず、手足を動かすのも自分ではほとんど制御が困難な状態になりました。それからの、彼の一生は、まさに「人と関わること」によって「生きる」ということが成立する状態でした。食べることから、排泄まで、一部始終が他者との関わりによってしか成立しない生きかたは想像できるでしょうか?例えば意志表示をするにしても、介護者が文字盤を「あ から な までにありますか?」と尋ねても、四肢のどこかの部位ではっきりとした動きを示すこともなく、寄り添う気持ちのない人にはわからなくても、意志を確かめたいと願う介護者には全身の醸し出す表情で正否が読み取れる。そして「違いますね、では は から わ までですか?」「は行ですか? ま行ですか? や行ですか?」「や、ゆ、よ・・・よですね?」と尋ねながら、一文字づつ積み重ねて単語をつくり、さらに文にしてゆくという時間のかかる過程で意志を伝える想像を絶する日常です。彼はそれを「身の不幸」でもなく「あってはならない状態」でもなく、「楽しんで生きる」ことで自分に課された一生涯の仕事として引き受けたのです。彼は成人してからの約40年間、自分の意志で親元を離れ、たったひとり、たくさんの人を巻き込みながら暮らしてきました。自分の介護者には、なるべく経験のない一般の人をみつけ、特に固定概念がない頭の柔軟な若い学生時代からの関わりを大切にし、人と人とのふれあいから人が変わると信じ、みずから功利的な世の中を変えることに「命」をかけてきました。そこには外見ばかり重んじる小市民的な日常からは、とうてい垣間見ることのできない深い世界が広がります。たとえば食事をするにしても、口を開ければよだれは出るし、食事中でもよく咳こむので、よく食べ物をつばと一緒に口から飛び散らせたりしていました。傍から見ると汚らしく、ひどく咳き込んだ時などは「ここにいて大丈夫か?」と他人には思われかねない状態が彼の日常でした。彼は、台風の日も、雪の日も、あえて毎日家から外へ出て買い物に行き、電車に乗り、美味しいうどんが食べたいと思えば、四国まででも出かけました。介護者のみにかかわらず、行きつけの喫茶店や食堂、駅員や全ての人に「いま、ここにいる」ということで自分の存在をアピールし続けました。このようにして「生きる」ということの本質を世に説きつづけた人生を生き抜いて、享年68歳で昨年亡くなりました。彼が亡くなった時には、何十年ものあいだに彼に介護者として関わった50代から10代までの広い世代におよぶ歴代の「澤田チャイルド」たちが、彼の遺骨を自分たちで持っておきたいと、火葬場では最期の一片まですべて刷毛でかき集めて、大きな壷に入れ持ち帰りました。世間の風や視線を真っ向から受けながら、あえて素っ裸の自分を晒して生きる姿をつきつけられると、介護者は横に居るだけで(むしろ当事者でないからこそ)多くのことを感じ、やがて個々の人生観や価値観を内側から変える力になるという澤田さんの確信は間違いなかったようです。総長さんが言われていた「人と人とのつながり」という言葉を聞いて澤田さんの生き様があざやかによみがえりました。

科学は人を幸せにするのか?

宗務総長さんのスピーチの中で、極めて深刻な指摘がありました。それは「科学の発達を危惧する」と言われていた言葉です。科学は人の幸せに貢献すると言いながら、私たち障害者の生存が今まさに風前の灯にさらされています。新しい科学技術の成果と言われる母体血検査の開始です。母親のお腹の中にいるときから障害児を選別できるようにしておいて、産まれることを「予防」する、すなわち殺してしまう仕組みが、個人の選択による「科学」の名の下に進められています。憲法9条を変えようとする動きの中、優生思想や人間に優劣をつける価値観の強調がますます加速しているように感じます。それが原発事故後の放射能汚染でますます現実味を帯びてきました。放射能汚染の不安のもとで出産を迎えるお母さんは、命の選別を迫る母胎血検査を受けずにいられるのでしょうか。私には母親達が無意識の優性思想により苦悩し「子殺し」を選ぶ未来が頭に浮んでしまいます。現代社会では科学は中立ではありえません。命を「生きるに値する命」と「そうでない命」に分けることへの人々の倫理的抵抗感を「科学」の普及が押し下げていくのです。その結果「人と人とのつながり」の具現者たる障害者を生まれる前に殺そうとしているのです。これこそが宗務総長さんがスピーチで言われた「科学の発達を危惧する」最たる例だと私には感じられてしまうのです。仏様の教えでは、すべての命を大切にと言われていると思います。

Copyright© 2010 脳性まひ者の生活と健康を考える会-代表古井正代のホーム-ページ All Rights Reserved.