大飯原発の再稼働をとめよう!不都合な真実と向き合う勇気を!

2012-05-05

Warning: Illegal string offset 'keywords_time' in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/2/sd0190002/cp-research.jp/wordpress-2.8.2-ja-undernavicontrol/wp-content/plugins/internal_link_building.php_/internal_link_building.php on line 103

5月4日5日 経済産業省前テント広場で行われていた脱原発集団ハンストに参加し、24時間のハンストを決行してきました。福島で障害者がどのような状態だったのかを綴ったビラを携えて参加し、多くの参加者と話ししてきました。

  
 

 

 

 

 

いま、大飯原発を再稼働させる動きが出ていますが、福島の教訓に何も学ばない, 世界中から呆れられている、政府に対し国民が暴動を起こさないのが不思議でなりません。今回再稼働させようとする大飯原発から半径50㎞圏が関西のどのような地域を含み、どのようなリスクをはらむのでしょうか、それを糸口にここでよくよく考えてみるべきではないでしょうか。



 

大阪市長や滋賀県知事がきっぱりと反対していたのは、関西の水瓶である琵琶湖が汚染される可能性が高いからに他なりません。そもそも、日本の歴史で原子力発電所の事故が報告されたことのない年はないのは、下図1に示すとおりです。


原子力安全基盤機構の平成18年の報告での上記のグラフが示すように、1基のリアクターにつき平均すると隔年で何らかのトラブルが報告され続けてきたことになります。この対策に、毎年莫大な費用が投じられ続けていながら、それがいざとなったら全く助けにならないことは、福島で証明されているはずです。にもかかわらず、まだまだ不安定な福島第一原発をかかえ東日本全域はいつ高濃度汚染が広がっても不思議でない状態なのに、西日本さえも放射能汚染の危機にさらそうというのは、政府による国家の自殺行為にほかなりません。

4月で「新年度」を迎えたからといって、崩壊へむかう危機的状況が簡単に変わったとは思えません。 現実無視どころか、人々を災禍に巻き込む大飯原発の再開をこの時期に強行する政府を、本気で止める元気がこの国にはないのでしょうか? 福島県に住む人から聞いた話ですが、「福島県産の米は市場に出しても売れないので、ブレンド米に混ぜて市場に出荷している」といいます。さらに、「弁当やおむすびで使われている米にもたくさん混ざっている」ということなのです。この不都合な真実は、震災後の4月5月に国や県が例年通り作付けさせた水田の米の行方について、少し真剣に考えたらわかるはずです。だれもが、うすうす感づいていたはずなのに直視しようとしないことだったのではないでしょうか。いまや、政府が率先して「風評被害」を現実化させ、日本全国津々浦々、食品の安心などないことがわかります。放射線被害の先輩のチェルノブイリの街角では、市場で放射線量をいちいち計測したあと、消費者の判断・自己責任で食品を購入している姿が報道されていました。このようなことは、何年か後に放射線被害で大きな犠牲を出してからでなければ、取り組まないつもりなのではないのでしょうか? 昔から政府というものは報道規制により「井の中の蛙」にした国民を情報操作するのが歴史の常でした。第二次世界大戦の大本営発表でも、「勝利!勝利!」を連発しながら、舌の根が乾かぬうちに「本土決戦」を国民に訴えてはばからなかったではないですか。日本の親達はその口車に乗って、我が子を死に行かせてしまい、大きなこころの重荷を背負ってきたはずではなかったのでしょうか。忘れてはならないことは、それがたとえいくら不都合な事実でも、直視しなければなりません。大日本帝国が世界に誇っていた戦闘機「ゼロ戦」は、「薄い鉄板で軽く作られ機動性が高い代償に、銃弾を浴びると紙飛行機のよう壊れ墜落していったが、分厚い鉄板がパイロットの命を守るグラマンとは対照的であった」と当時開発にあたったエンジニアが戦後になって苦い思いで回想しているではありませんか。国民の命を軽んじる人権感覚の無さは今もそれほど変わらない、いやむしろ、もっと残虐さを増してきているのではないでしょうか。

ここで私たち障害者が福島の原発事故の後に、どのような状態に置かれたのか、もう一度現実を振り返って確認しておく必要があります。 数時間で一斉に退去しなければならないと指示を受けても、自分で動けない人たちは家に残されたまま、餓死し、病院の中でも医師や看護師が先に避難し残された人たちがおりその後自衛隊などが救出にむかったといいますが、その過程で何十人もの人が移動中に命を落としていたのです。一命を取り留め遠隔地の施設に収容された後も、伝達不足や不慣れな環境が原因で命を落としたといいます。これらの事実を政府は黙殺しようとしているとしか思えません。国民の中には「退去命令」ひとつで走って逃げられる者もいればそうでない者もいることは「想定外」で、そういう国民が大量に犠牲になるのは自然の摂理だとでも考えていなければ、このような暴挙は企てられようがありません。人の命の重みや人権に対する日本の国家・社会・人々の態度が今こそ問われ、震災以降、このような視点で日本が世界から注視され続けているのです。 これを、いつまで無視し続けるつもりなのでしょうか。

高度経済成長期の日本で1968年から親による障害児殺しが頻発し、そのたびに親に同情した世間・マスコミが減刑嘆願キャンペーンを唱え、実刑判決を免れて当然という社会概念が形成されてきました。私たち日本の脳性まひ者には、実の親から首に手をかけられ、命からがら生き延びた経験を持つものが多かったのです。そのような立場から「わたしたちは殺されて当たり前の存在なのか?」と、当時の世間の風潮に異論をとなえなければ明日の命が保証されなかったのが、当時の日本の障害者の直面した厳しい現実だったのです。世間の景気が良くなればなるほど経済の論理が支配的になり、生産性のない、足手まといの障害者は、大規模収容施設など社会の見えない場所へと「闇から闇へと」葬られ始めていました。その最たるものが、「優生保護法改正案」のいわゆる胎児条項で、障害を理由に胎児を堕胎することを法的に認め、遺伝疾患への去勢手術とあいまって、障害児者を積極的に「予防」(皆殺し)にし、生存権を否定しようとしていたのです。これは、地方行政レベルでも「経済の論理」を背景に強力に推進されました。たとえば当時の兵庫県知事は「障害児が一人生れると一生で巨額の国家の経済損失で、ゆゆしき問題」という理由で「不幸な子供が生まれない」対策室を発足させるなど、多くの都道府県で類似の障害者撲滅キャンペーンが展開され、私たちも全国各地でこれに異議を唱え非暴力直接行動を組織していった歴史があることをわすれてもらっては困ります。

実際に私自身、1歳半で遠方の大学病院の専門医に診断をうけ「CPです」と宣告され、ショックを受けた母が帰り道の走る列車から私を抱えてと飛び降りようとしたという経験を持ちます。危ういところで祖父が止めていなければ、今ここに生きていなかったでしょう。ところがそれから50年後、この「不幸なこども」とされる私の、障害者として地域社会に根を張って、存在感をアピールしながら制度・人・モノを自由自在に駆使して生き抜いてきた経験が、交通事故による脳挫傷・鬱病・脊髄腫瘍で車椅子生活になった母の第二の人生を、その人生の最後の瞬間までサポートすることになったのです。我が子に障害があると診断されたとき一旦は絶望しきった母でしたが、家にひきこもりがちになった往年には、その「我が子」の私に引っぱられる形で障害者としての人生を一緒に楽しめたと感じています。(2009 APHA 139thAnnual Meeting &Expo: http://apha.confex.com/apha/137am/webprogram/Paper213240.html )

にもかかわらず、産科医療が脳性まひ裁判で危機に瀕しているという一方的な主張で、2009年に産科医療保障制度が開始されのです。その時、私たちの呼びかけに答えた心ある人たちの異議申し立て・抗議も政府は黙殺しました。障害の有無を問わず市民として誇りを持って平等に生活できる社会を国家の責任として実現することを放棄し、巨額の公費を投じ民間保険会社に委託したうえ、支援対象を厳しく限定させました。産科医を通じて全国の妊産婦から一律3万円徴収した掛け金年間300億円から、満期出産、正常分娩、身体障害者手帳1級相当の重度のCP、等と多くの条件を付けたうえで、一人当たり3000万円を上限にした補償を支払うというのです。これは、CPを「3000万円の損失だ」とすべての妊婦に妊娠初期から明示し、「あってはならない存在」だと印象付け、生命選択へ巧妙に誘い込む仕掛けでしかありません。

(25th Pacific Rim International Conference on Disability  p64: http://www.pacrim.hawaii.edu/pacriminfo/pacrim2009/downloads/program/pdf/pacrim2009_program.pdf  )

原発事故と津波以降、だれもがこれから起きる内部被ばくについてますます敏感に反応していくことでしょう。実際、現実に福島の若い女の人たちの中に「結婚できない」と口にする人も少なくないとききます。これらの「本音」の裏には、障害者を生みたくない、育てたくない、という意識が見え隠れしているのです。ここからも障害児の生命の選択が、政府や医療者主導ではなく、優生思想による価値観を持たされてしまうたちの「意志決定」という、巧妙な方法で徹底されていく未来が見てとれます。

歴史上前例のない高齢社会に突入し、誰もが人生の後半で何らかの障害とともに生きなければならない今日の日本では、生まれながらの障害者が生き抜いてきた経験から学ぶべきことは多いはずです。障害者のもつ予想外の可能性が、今や、この国の将来を救える唯一の希望であるかもしれないのです。なのに、そんなことはおかまいなしに、このままとことん突き進むつもりなのですか?いまこそ、すべての人に問いたいとおもいます。私たちの首を絞めれば、あなたたちの未来はないと。

 

 

 

この投稿文は次の言語で読めます: 英語

Copyright© 2010 脳性まひ者の生活と健康を考える会-代表古井正代のホーム-ページ All Rights Reserved.