2月, 2014年

いとしのタカッサン

2014-02-11

Warning: Illegal string offset 'keywords_time' in /export/sd202/www/jp/r/e/gmoserver/0/2/sd0190002/cp-research.jp/wordpress-2.8.2-ja-undernavicontrol/wp-content/plugins/internal_link_building.php_/internal_link_building.php on line 103

日本の障碍者運動のはじまりは東京

日本で初めてできた東京の光明養護学校の卒業生が文芸活動など通じて「しののめ」という会を作り集っていた。この集まりが1957年に結成された脳性まひ者による組織「青い芝の会」の母体だったといわれている。「脳性まひ者は他の障碍者団体に行ってもなかなか相手にされない」「将来は政治的な圧力団体を目指したい」と初代会長が当時の会報創刊号に書いているという[寺田2002年]。東京を中心とした生活要求型の青い芝の会の運動は1963年から1968年まで国立障害者リハビリテーションセンター等の施設内での処遇改善や整形外科医の治療を要求し座り込んだりしていった。

 

次に神奈川が注目され

1962年に、茨城県つくば市に住む 閑居山願成寺住職の大仏 空(和尚)は自分の寺に、在宅の脳性まひ者を集めて、共同生活の中から自己主張と生きる力を育もうと、共同体マハラバ村を開いた [横田2002年] 。 横田弘の言葉を借りれば「脳性まひ者で何が悪い!世の中に完璧な人間なんかいないのに、なぜ脳性まひ者だけが差別されるのか、おかしいじゃないか」という思想を得た脳性まひの男女たちは、やがて結婚して共同体から自立していった。「青い芝の会」神奈川県連合会は横浜市や川崎市などに移り住んだ彼らによって1969年に始まった。最初は親睦会だったが、翌年に横浜で起こった母親による障害児殺し事件への同情から起こった減刑嘆願運動に対する危機意識をきっかけに、「母よ、殺すな!」「障碍者は殺されて当たり前か?」と当事者として歴史上はじめて異論を唱え、厳正な裁判を要求した。これは「殺される立場からの告発」として注目をあび、その様子は1971年にNHK「現代の映像」で「あるCP者集団」としてとりあげられ、映画「さようならCP」も制作され1972年2月には上映運動が始まった。

 

その次に姫路のタカッサン

その次に姫路で澤田隆司さん(愛称:タカッサンと略す)が作ったグループリボンが大きな流れを引き起こした。1972年に家から出ることもなかった障碍者が在宅から外へ出ていくことをめざしてグループリボンを作った。当時は、学校を出ても就職もできず、進学もできずタカッサン自身も含め親の家で孤立していた。そういう境遇の在宅障碍者が、まず外へ出ていくことだけでも障碍者運動になるのだ!ということをタカッサンが先頭をきって始めた。これ自体が大きな冒険だった。なぜなら、タカッサンは全面介護の要る障碍者で、立派な文章も書けず、しかも、しゃべって音声で意思を伝えることはしない。文字盤を使うタカッサンが代表でグループを作ったというのが、今までと違っていた。障碍者運動とは、いちばん健全者から遠い人が楽しく生きていくということが目的で作られたはずなので、タカッサンが中心で何の不思議もなかった。これに対しては、今までの青い芝の運動の中心だった関東の人たちからは「自分のことができるものが中心でなかったら、介護者が必要になる」そうすると「健全者が運動の中に入ってくる」から、余り賛成できないと言われていた。だけど、タカッサンは、「自分たちが中心でなかったら、ほんとうの障碍者の解放はできない」といって、今に続くこの運動の基礎を作った。

 

タカッサンの一言が看板を引き継ぐ

タカッサンがそれを突き通したから、冒険心一杯で「楽しく外出している」光景の映画を自主制作することをグループリボンの日常活動にしていくことになった。やがてそれが関西テレビの午後の番組の特集に取り上げられ、そのテレビをお茶の間で見ていた、大阪や神戸の在宅の障碍者たちが、「一緒に自分たちも外へ出たい」といって、たくさんの在宅障碍者が集まっていって、グループリボンが半年でいっぺんに大きくなって姫路・神戸・大阪の連合会になった。テレビを見て来た人の中に松井義孝さんもいたが、松井さんも言葉がすごく聞きとりにくかった。健全者が無視しようと思えば、いとも簡単に無視できそうだったが、無視されても、繰り返し、繰り返し食い下がって、肉声を聞かせ「通訳」や「字幕」を生涯拒否し続けた。自主制作映画でタカッサンがゆっくりした文字盤で会話するシーンを通じて伝えたかったのも「常に親が代弁するのが当たり前」だった当時の常識への挑戦である。自分達のペースの自己主張の大切さを世に認めさせたいという意志の発露にほかならない。

グループリボンができたころ、それを聞きつけてやってきた当時の関東の青い芝の会(横塚さん、寺田さん、若林さん)から「そんなに脳性まひ者が集まっているなら、そのグループを青い芝の会にしないか? そちらの方が、人数が多いのだから、組織の名前は赤い芝でも黄色い芝でも、変えてもいいから一緒にやろう。」と言ってきた。タカッサンが「青のままでいい」と言ったので、いまに続く「青い芝の会」の看板を引き継ぐことになった。

1967年東京の施設(久留米園)入所者の学習会で生まれたテーゼ「人間の生きる権利と自由は、まさにそれ自体として尊ばれ、守られるべきであり、能力の程度等によって割引されてはならない。そして重い障碍者こそ、この人間の生きる権利の最も端的な生きた具現者である。」が5年後の1972年になって青い芝の会の運動方針に盛り込まれた[寺田2002年]という事実は、タカッサンが作ったグループリボンに始まる関西の大きな流れが当時の歴史を刻んでいたという何よりの証拠でもある。

 

究極のコミュニケーションの達人

タカッサンは、私が小学校2年で出会ったとき(当時タカッサンは中学生)から、文字盤を使ったコミュニケーションだった。しかし、その文字盤がすごくゆっくりで、なかなか伝える言葉の内容や量が限られていた。だからこそ、その言葉の足らない分たくさんの想念が、非言語的手段のコミュニケーションが総動員されて、たくさん伝わってくる。それに加えて、タカッサンには持ち前のたぐいまれな包容力、気配り、大きさといった人間力がある。その結果、相手を完璧にタカッサンのペースに巻き込んでいくのが、タカッサンstyleだ。このコミュニケーションが人世経験を重ねるごとに上手になっていった。こうして、タカッサンの熟練したコミュニケーションスキルは、二次障害の頚椎症で文字盤を指すことさえできなくなっても、さらに洗練され、卓越した「コミュニケーションの巧」の域にまで達していったように感じる。このタカッサンstyleは、今までの社会運動史上前例のない、いわば、素っ裸の「丸投げ」スタイルともいえる、何人たりとも追随を許さない独自の世界を作り上げた。[古井2010年]

 

タカッサンと松井さん

健全者のペースに全くと言っていいほど合わせようのない、音声言語をしゃべらないタカッサンと言葉が出にくい松井さんの二人には、関わった多数の健全者の意識(障碍者自身の意識も)を「理屈抜き」で変えてきたという共通点がある。法律や制度を変えれば、確かに生活や社会はある程度は変わるだろう。しかし、どんな状態の人に対しても差別せず人間の魂への畏敬の念を持ち続けられるか、人とどう接し、どう関わるのかという、人間としての姿勢や生き方は、利害得失や効率を重んじる合理性とはまた別の問題だ。共感抜きの言語表現による理路整然とした理屈だけでは、切れば血の出る生身の人間の態度や振る舞いを根底から変えることなど到底できやしない。タカッサンの横にいると、だれもがタカッサンの心象を疑似体験してしまう一瞬がある。これこそ、われわれが世界の障碍者に誇れるタカッサンstyleが作り出す、介護・被介護の非対称的性を逆手に取った、すばらしい関係だ[古井2010年]。 健全者に媚びを売らない、売りようのない立場を活用し、だからこそ生じる介護者の内発性を誘い、障碍者個々の独自性を最大限に配慮した介護をさせてしまう。健全者教育として介護者と最もいい関係を作りながら、今日まで運動の歴史を重ねてきのだろう。

 

なぜなのか?

このようなことが可能なのはなぜなのか? ペラペラしゃべる健全者とは対極のエッセンスのみの意志表出のこの二人は、共通の障碍者差別や優生思想に対する動物的な勘ともいえる第6感のようなものが鋭かったように感じる。「これはダメ」「これはおかしい!」何か想定外のことが起こると、いつも瞬時に「胡散臭さ」を嗅ぎ分けて、峻別してくれていた。さらには、タカッサンは自分たちに重要でもない内容が延々と続くと、きまって居眠りをはじめた。これを見て、そのような議論は早々に切り上げるべきだと確信できたので、もっと必要なことに時間を向けられて、本当に助かっていた。和歌山闘争の時も、砂子療育園の差別事件の時も、車椅子の教師をつくる運動のときも、川崎バス闘争のときも、兵庫県の「不幸な子供を産まない対策室」抗議の時も、優生保護法改悪阻止、養護学校義務化阻止の時も、周辺情勢やいろいろな思惑とは無縁の、タカッサンと松井さんの明快な見識が70年代の関西青い芝・全国青い芝のみんなを直接行動の決断に導いたと言っても過言ではない。選択に値する情報がないから(議論はパスして)居眠りする、こんな方法で、簡単で本質的なことをいつも気づかせてくれていた。

 

最後の叫び

そして、近年では、2008年の年末に産科医療補償制度のことで、二人の怒りが頂点に達し、さらに横田弘さんとも久々に一緒になって、厚生労働省に抗議しに行った[Furui, M. 2009]。松井義孝さんは、持病の喘息の悪化で10年近く自室を出たことがなかったにも関わらず、抗議行動の最前列を担い、帰阪後1ヶ月後に帰らぬ人となった。

タカッサンは、2013年10月27日に西宮で開催された、原発事故後に解禁された母体血検査に潜む優生思想について考える「母体の血を覗き見て」の集会に来てくれて、「私たちは優生思想と闘ってきたよね!タカッサン」との呼びかけに「ウオー」と答えてくれたのが、本当に最後の叫びになってしまった。この集会での叫びから4時間後に亡くなったのだ。最後の最後まで、壮絶な人生を生き切ったタカッサン!! 残された我々に託した想いは、いま、タカッサンに現在まで関わっていたり、過去関わったりしたたくさんの人達の魂の奥深くに宿っていて、必ずいく道をてらしてくれている。考えてみれば、すでに何人の人がタカッサンに世界観や人生を変えられてきたことだろうか。

          タカッサンは永遠不滅です!!

 

 

参考文献

寺田純一 [2002年] 「青い芝と43年」 『自立生活運動と障害者文化』(編)全国自立生活センター協議会, p196-200. 現代書館, 東京.

横田 弘 [2002年]  「やっぱり障害者が生きていることは当たり前じゃない」『自立生活運動と障害者文化』(編)全国自立生活センター協議会, p271-279. 現代書館, 東京.

古井正代 [2002年] 「電動車椅子を使いながらアメリカで生活して」『地域理学療法にこだわる』(編)日高正巳,p401-402. 文光堂,東京.

Furui, M. [2009年] Exposing the flaw of the Obstetric compensation System from the one who “should not exist” Women’s Asia 21Voces from Japan, no22(April 2009), p26-30. Asia-Japan Woman’s resource Center.

 

Copyright© 2010 脳性まひ者の生活と健康を考える会-代表古井正代のホーム-ページ All Rights Reserved.